司法書士の資格を取るには法律関係の勉強は必須

法律

司法書士の資格を取るには法律関係の勉強は必須

司法書士は資格が必要になりますので、司法書士になるためには、まず司法書士試験に合格しなければなりません。
司法試験に合格した後に日本司法書士連合会に登録し、事務所を置く管轄内の司法書士会に所属してようやく司法書士になる事ができます。
司法書士になるために受ける資格試験は、年齢や性別、学歴などに関係なく誰でも受験する事ができます。
毎年5月中旬から下旬にかけて願書を提出し、7月の第1日曜日か第2日曜日に最初に筆記試験を行います。
午前の部では憲法、民法、商法、刑法のテストが行われます。
午前のテストはマークシート方式になります。
午後の部では不動産登記法、商業登記法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法などの試験内容になります。
午後の部では、マークシートだけでなく記述式で問われる問題もあります。
不動産登記法書式や商業登記法書式などが記述式問題で問われます。
いずれもかなり法律を深く勉強する必要がありますので、難易度は高目です。
法律関係の暗記も重要な試験内容になります。

お知らせ

一覧

超簡単な試験で法律関係の資格がとれる相続診断士

司法書士の資格を取るには法律関係の勉強は必須

個人情報保護士認定試験は個人情報に特化した法律資格

景気に関係なく重要な役割のある税法律関連の資格