超簡単な試験で法律関係の資格がとれる相続診断士

法律

超簡単な試験で法律関係の資格がとれる相続診断士

相続診断士は、近年の高齢化によって度々問題に上がるようになってきた相続に関する法律のプロフェッショナルです。
相続しは弁護士のようにあらゆる法律に精通しているのではなく、相続に関する法律に対してのみ知識のある相続のプロフェッショナルです。
その為、相続診断士は、相続関係の法律の基本的な知識を身に着けていて、相続に悩んでいるお客様に相続診断する事はできる資格になります。
死んでから相続するのではなく、生前贈与も含めてお客様と一緒になってよりよい相続ができるよう、家族全員と向かい合っていく仕事になります。
特に相続内容が大きい場合には、トラブルになりやすくなっております。
相続についてトラブルになりそうでしたら、事前にトラブルの芽を摘み、時には、税理士や司法書士、行政書士、弁護士などと連携しながら、よりスムーズに相続が行われるように働きかけるような業務になっております。
これから先は、より相続に関するトラブルが増えて行くと推測されますので、相続診断士の活躍の場は広がっていくと思われます。

お知らせ

一覧

超簡単な試験で法律関係の資格がとれる相続診断士

司法書士の資格を取るには法律関係の勉強は必須

個人情報保護士認定試験は個人情報に特化した法律資格

景気に関係なく重要な役割のある税法律関連の資格